ソリハシシギ

久々に三番瀬

 

数か月ぶりに国内で鳥見してきました。たぶん、Avocet以来かも。。。(汗) 夕方から用事があったので、ふらっと三番瀬に行きましたが、特に何もいませんでしたね~。いたのはウミネコ、ミヤコドリ、ダイゼン、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、オバシギ、ソリハシシギ、ハマシギ、ミユビシギ、トウネン、シロチドリ、メダイチドリくらいかな。ソリハシシギが最低4羽はいたのが珍しかったかなあ。

 

 

ソリハシシギ(Terek Sandpiper)

あまり「ソリハシシギが大好きです!」って人に出会ったことはないけど、私はシギのなかでもかなり好きな方です。何で?と言われてもよくわからないけど、お尻を上下にぷりぷりしたり、ちょこまか走ったりと、何か気に入ってます。

 

 

オバシギ(Great Knot)

1羽だけいました。好きでも嫌いでもない、何の思い入れもないシギです(苦笑)

 

 

久々にたくさん人がいるなかで探鳥したけど、私がトウネンを撮影していると、そのトウネンの群れに堂々と突っ込んでいく鳥屋のおじさんカメラマンがいました。あまりの出来事に、思わず口をついてでたのは「おいおいおいおい!」という言葉。。。 それで気付いたのか、ようやくストップしたんですが、それも束の間、数分後に再びそのおじさんはトウネンの群れに突進していきました。誰がどう見ても目の前で私が撮影しているにもかかわらずです。何なんだ、あのおっさんは! もちろん、しっかり注意させていただきました。

恐らく自分が撮影している鳥以外、全くまわりを見ていないんだと思いますが、それではダメ。実はそのおじさん、トウネンの群れに2度目の突進をしたあと、シギチが下りてる干潟の中央を、シギチに飛ばれるかどうかスレスレの距離感で突き抜けていきました。すごい度胸だ。。。(苦笑)

 


 

9/Sep/2017 @Sanbanse Kaihin Koen, Chiba, Japan

It was nothing special…

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。