クイナチメドリ

Rail Babbler(クイナチメドリ)@Malaysia 2016

 

1か月ぶりくらいに鳥の写真を持ってきました~。今日はついにRail Babblerの登場。6月のマレーシア遠征の最大の目玉でした~。

 

 

クイナチメドリ(Rail Babbler)

DPPv400000281

DPPv400000280

DPPv400000279

何から話しましょうかね(笑) まず、この鳥、見るのが難しいです。当然、撮影はもっと難しいです。しかも、日本人撮影者はほとんどいません、、、というか、たぶん私と同行者たちだけ。難しいしミステリアスなので1度は撮影してみたいというバーダーが多く、この個体が出ているという情報が世界中を駆けめぐると、連日、各国からバーダーが集まったそうです。

もちろん、その情報を聞きつけた私もわくわくドキドキ! しかし、行くぞ~!と予定を組んだところで、まさかの姿を消したとの情報が。。。 私たちが行く直前に、ある日本人バーダーグループが突撃したようですが、残念なことにちょうどいない時期に当たってしまったようです。私にも同じ運命が待ち受けているのかぁ~とガックリしていたところ、出発の3日くらい前から再出現の情報が!!! ラッキーでした。連日、世界中からバーダーが集まったことで鳥にプレッシャーがかかって出なくなったのだろうと想像していましたが、案の定、姿を消してから2週間後の再出現でした。

このクイナチメドリ、トラツグミのような鳴き方をします。しかも、鳴くときは前傾姿勢から頭を持ち上げて、ノドを膨らませながら鳴きます。ノドが膨らんだときに青っぽい地肌が見えるので、一瞬、カラフルな鳥に変身するのも見ものです。

また、基本的に薮のなかから出てきませんが、薮のなかを移動していると、どこを歩いているのか気配を探ることができません。音が聞こえる場所といる場所が一致しないんです。その真相は物音をたてずにすばやく移動しているからで、今回は実際にRail Babblerのとんでもない移動スピードを目にすることができました。無音の高速移動をします。あんなの今まで見たことない! とにかく、いろいろと謎が多くて魅力的な鳥です。また見られるチャンスが来るかは、神のみぞ知る、、、ですね。

 


 

10/Jun/2016 @Krau Forest, Malaysia

There are many mysterious birds in the world. In my head, Rail Babbler is one of them. Until this time, I had never watched Rail Babbler and I had had no idea about his real. However some friends who had watched before told me Rail Babbler was very very mysterious and special so I expected to watch him. Finally I was able to watch him and to take photos. In conclusion, he was really mysterious and I understood he had incredible physical fitness…

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。