コアオアシシギ

大授参り

 

先週末から九州にいたので、潮もよかったし、ついでに大授搦に寄ってきました。〝学生ベースマンバーダー〟Mくんも行くというので現地で合流。「寄る」というわりには1泊しちゃいましたが、結果的に1日だけでよかったなあ(笑)

鳥自体はやはりピークを10日近くすぎちゃっているので、予想はしていましたが、数はいつもの大授の1/10くらいに感じました。正直、干潟に到着してひと目見て「少なっ!」って思ったほど。それでもトウネンは1000羽ほどカウント(Mくんはそれなりにカウントしてたと思うけど、私は群れ飛びしているのを見て概算しただけ。結果はだいたい一致)。サルハマとコオバは物足りなかったなあ。。。

写真は大授と周辺の蓮田のものです。

 

 

ヨーロッパトウネン(Littele Stint)

トウネンの群れがいたら、探すのはもちろん〝極東のスーパースター〟ことヘラシギ。しかし、数日前に秋田に出たという話を聞いていて、世界的個体数の少なさ、さらに日本を通過する個体が少ないことを考えて、こりゃちょっと厳しいかなと思っていました。実際、いなかったと思います。その代わりに撮影したのがヨロネン夏羽。この間の稲敷よりは近かったかな? あまり変わらん気もするけど。。。 たぶん、いたのは1個体だけ。

 

 

トウネン(Red-necked Stint)

3枚目の個体は雨覆が全体的に異常に摩耗している感じで、羽先がガサガサでした。何で?

 

 

コオバシギ(Red Knot)

遠すぎ。本来ならボツ写真だけど、大授行って珍しい赤系の写真がないのも寂しいので。。。 コオバは1かな~。

 

 

サルハマシギ(Curlew Sandpiper)

これも遠くて本来はボツ写真。2個体いて、初日の朝に真近くで真っ赤な個体を撮影するチャンスがあったけど、あとで撮れるだろうと思ってたらいなくなってました。2日目もいたっぽいけど、干潟の真逆にいて見られず。。。

 

 

キリアイ(Broad-billed Sandpiper)

キリアイも2個体。下の写真の個体はちょっと遠かったかなあ。

 

 

オオメダイチドリ(Greater Sand Plover)

正直、オオメダイに構っているヒマはありません。たまたまトウネンとメダイの群れが交じりあったときに目に入れば撮影するくらい。それくらい大授での撮影は時間との勝負ということです。個人的には4個体くらい目に入ったかな~。

 

 

ホウロクシギ(Far Eastern Curlew)

ホウロク、ダイシャクをこれだけ見られるのは大授くらい? だいぶ少なくなっていたけど、それでも2種合わせて30+かな~。2枚目にはダイシャクシギが3~4羽写っています。

 

 

ウズラシギ(Sharp-tailed Sandpiper)

蓮田にはうじゃうじゃいました。

 

 

アオアシシギ(Common Greenshank)

干潟では全然近くに来なかった。。。

 

 

コアオアシシギ(Marsh Sandpiper)

ギラ夏ですね!(笑)

 

 

キアシシギ(Grey-tailed Tattler)

中型シギで一番近かったのがキアシだった。。。(汗)

 

 

オグロシギ(Black-tailed Godwit)

完熟度90%。ギラ夏まであと一歩かな~。メスも一緒にいたけど、現像し忘れた。。。

 

 

ズグロカモメ(Saunders’s Gull)

額が白い1S。まさか、1Sが全部こうなるわけじゃないですよね???

 

 

ゴイサギ(Black-crowned Night Heron)

オマケ。みんな普通種だからと軽視するけど、個人的には好きな鳥です。中南米にはゴイサギを改造したようなBoat-billed Heronという鳥がいます。時間があったらネットで検索してみてください。絶対、ハマりますよ!

 

 

2日間のリスト;トウネン1000+、ヨーロッパトウネン1、ハマシギ1000+、サルハマシギ2、オバシギ10±、コオバシギ1、キリアイ2、ウズラシギ70+、タカブシギ100+、キアシシギ、コアオアシシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、ソリハシシギ200+、オオソリハシシギ、オグロシギ15±、ホウロクシギ30±、ダイシャクシギ10±、ダイゼン、ムナグロ、シロチドリ、コチドリ、メダイチドリ、オオメダイチドリ4+、ハヤブサ、トビ、ハシボソガラス、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ドバト、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ヒドリガモ、ヨシガモ、ツクシガモ、カルガモ、クロハラアジサシ、ズグロカモメ、ゴイサギ、コサギ、チュウサギ、ダイサギ、アオサギ、、、こんなもんか???

 

やっぱりピークに行きたかったな~。

 


 

15-16/Daijugarami and Shiroishi, Saga, JAPAN

The Best Shorebird birding site in JAPAN.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。