ダイゼン

春のシギチ@三番瀬

 

大授溺と時系列が前後しますが、6日に千葉の三番瀬に行ってみました。シギチ狙いでよく行く干潟です。大授ほどの規模はありませんが、ここもシギチの重要な中継地点のため、変なのがたまに出ます。過去にはヘラシギも出てるんですよね~。ここは東京の潮見表を見て、満潮から1時間後くらいに行けば大丈夫。大授みたいに大潮にこだわる必要はありませんが、できれば潮位が高い日の満潮から1時間後くらいがいいと思います。ただし、これからの時期は潮干狩り客が押し寄せるので、基本的に私は平日の朝しか行きません。GWは潮見てないけど、どっちにしても人が多すぎてダメでしょう。。。

 

 

オオソリハシシギ(Bar-tailed Godwit)

DPPv400000243

このときは赤い個体が5羽、まだ色づいてない個体も数羽いました。これからもう少し増えると思います。

 

 

ダイゼン(Grey Plover)

DPPv400000241

そこそこの数は入ってましたが、全然、腹黒くなってませんでした。ダイゼンは4月下旬くらいからがいいですかね~。

 

 

ミユビシギ(Sanderling)

DPPv400000239

DPPv400000242

越冬組ですね。まだ、赤くなっている個体はいませんでした。

 

 

ハジロコチドリ(Common Ringed Plover)

DPPv400000248

これも越冬組。少し、クチバシの基部が黄色くなってきました。完全に色づくまでは、、、いないでしょうねぇ。。。

 

 

セグロカモメ(Herring Gull)

DPPv400000240

もうすぐ繁殖地に旅立ちます。セグロカモメ系、次のシーズンこそは本気で取り組みたいです。。。

 

 

アオサギ(Grey Heron)

DPPv400000244

DPPv400000246

クチバシ基部と足が赤くなっているのは婚姻色です。やっぱり春、鳥たちの世界は恋の季節です!

 

このときはオオソリハシシギ、ダイゼン、ハマシギ、ミユビシギ、トウネン、シロチドリ、メダイチドリ、ハジロコチドリ、ミヤコドリ、セグロカモメ、ユリカモメ、ダイザギ、アオサギ、コサギ、ウミアイサ、スズガモといったところ。あとはウがいましたが、カワかウミか気にしてなかった。。。(汗)

カモ類は他になんかいたかもですが、ビロードキンクロがいなかったのでウミアイサ以外、三番瀬で重要ではないですね。あれから1週間以上が経ったので、もっといろいろ変わっているはずです。今後はサルハマシギやコオバシギの夏羽にまさかのヘラシギなどを期待したいですが、期待せずに待ってみます。情報が入っても、行けずじまいってことも多いですけどね。。。

 


 

6/Apr/2016 @Sanbanse Kaihin Park, Chiba, Japan

I took these photograghs at ‘Sanbanse’. This tideland called Sanbanse is near Tokyo station, it takes about 20 min by train. Sanbanse is also important transit point for shorebirds, so sometimes we can watch rare shorebirds, for example ‘Spoon-billed Sandpiper’ which recorded a few times. Sanbanse is smaller field than ‘Daijugarami’, but you can get there very easily from Tokyo. So it’s good for easy birding! If you want to visit there for bird watching, I recommend 1 hour’s after high tide.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。