Glaucous-winged Gull

ニセモノ。。。

 

23日(土)は銚子回り。大型カモメ自体は余裕で1000羽オーバーと、個人的には今季一番の数でした。東風がかなり強く、岸に集まっていたんでしょうかね~。

 

 

ハイブリッド(Hybrid=Glaucous Gull×Vega Gull)

最初はあれ~、スミス成鳥きたかぁ~って思ってワクワクしちゃったけど、初列裏を見ると白いのね~。シロセグロでした、、、ガックリ。。。 そして、左手前にちょろっと写ってるヤツは、たぶんカナダ2w。このときはシロセグロに集中しちゃってて、ちゃんと撮影してなかったなあ。。。

 

 

ミツユビカモメ(Black-legged Kittiwake)

シロセグロを見てたら飛んできた。

 

 

???(Unidentified)

もちろん、これはモンゴル1wを疑ってのもの。頭の斑が多すぎるとの指摘を受け、確かにそうかもなあと思ったのですが、手持ちのOlsenの図鑑を見ると、2月のモンゴル1wでこれくらいの斑がある個体は載っています。で、尾羽ですが、同行者が撮影したものを見る限り、テールバンドは悪くない感じ。さあ、どうなんでしょうか。もう少しじっくり図鑑を読み込んでみる必要がありますが、それはこのあとですね~。

 

 

セグロカモメ(Vega Gull)

この日の第一カモメ。かなりモンゴル成鳥を疑ってみたけど、初列風切の黒斑は期待外れの6枚でした。。。(汗)

 

 

シロカモメ(Glaucous Gull)

銚子の難しいところ。カモメが集まっていると、いろんなのが交じってるけど、写真が撮りづらいという典型ですね。シロはたぶん2w.のほか1w.が多数いました。2w.に関しては、現場でカムリを疑ってるっぽい人がいましたすが、その人は最終的に小型シロカモメbarrovianusと結論づけていました。私の方はというと、ちらっと見えたけど、その後にセグロが被って見えず。。。 だから「いくり」前の堤防は嫌いなんだよなぁ。。。

 

 

ワシカモメ(Glaucous-winged Gull)

前回1wを見たけど、ようやくワシらしいワシに出会いました。まあ、3wなんだけど。。。 この間、ツイッターで成鳥が上がってたからいるんだろうけどね~。

 

 

カナダカモメ(Thayer’s Gull)

2~3枚目は同一個体。この日は現場で5個体、あとからシロセグロの写真見てて気づいた1個体を確認。もう少し集中して見てれば、もっといたかもしれない。

 

 

ハジロカイツブリ(Black-necked Grebe)

悪魔の集団!

 

 

忙しいけど、今シーズン中にもう1度は行きたいなあ。。。

 


 

23/Feb/2019 @Choushi & Hasaki, JAPAN

More than 1000 gulls in this day.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。