ホトトギス

トケンだらけの公園

 

16日はヒマだったので、ぷらぷらと散歩。トケンでも見られればいいなあと思っていたのですが、訪れた公園は推定50羽以上100羽未満のトケンで溢れていました。同時に見たのは6羽くらいかな。どこ行ってもいるので、散歩するのに飽きることはなかったですよ~。

 

 

トケン類(Genes of Cuculus)

カッコウの成鳥がいたという人がいたけど、私が見る限りでは大きさ的にも見た目的にもカッコウ成鳥は見えませんでした。幼鳥だらけなので何がなんだかサッパリわかりませんでしたが、大きさで見ていけばツツドリが大多数だったと思います。ただ、なかにはホトトギスっぽい小さめな個体もいました。3枚目の個体なんかは、いろいろ間違われるタイプなんだろうな~。まあ、秋のトケン幼鳥は、成鳥個体と違って1個体をじっくり見ないと難しいですね~。

 

 

アリスイ(Eurasian Wryneck)

最初は近くで鳴いてたけど見つからず、撮影できたのは遠くの木に止まってから。好きな鳥!

 

 

ノビタキ(Stejneger’s Stonechat)

いたからパシャリ!

 

 

ヒタキは少なく、見たのはオオルリ♀タイプ、たぶんキビタキ♀タイプくらい。ほかはオオムシクイ系2かな。とにかくトケンが多く、いくらでも撮影できるレベルでした。漫然と撮影せずに、ちゃんと識別すればよかったなあ(汗)

 


 

16/Oct/2018 @Akigase & Sakuraso park, Saitama, JAPAN

So many Cuckoos were in the park.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。