ハシブトカモメ

Pacific Gull(ハシブトカモメ)@Australia 2017

 

昨年の10月あたりに注文した世界中のカモメの写真図鑑「GULLS OF THE WORLD」が2~3日前にようやく届きました。理由は知らないけど、もしかしたら発売が予定より少し遅れたのかな??? よくイラスト図鑑の方が識別には適していると言われるけど、個人的にはそれはウソ! イラスト図鑑と写真図鑑を両方見なきゃよくわからないことはあると思います。少なくとも知見が少ない私には、微妙な識別を要す種はイラストと写真の両方を見る必要があります。

で、その「GULLS OF THE WORLD」ですが、写真のクオリティーがすばらしい! イラストではなかなか感じられない見た目のインパクトが写真ではダイレクトに伝わってくるので、ワクワク感がハンパね~ことになってます(笑) まだすべての写真を見ていませんが、よく見慣れた種から世界中の変わり種まで本当によく揃えたなあという感じです。もちろん、多くの人が協力して完成したようで、協力者のなかには私も名前だけは知っている日本人が出てきます。いくつかの種でエイジングの間違いが指摘されているようですが、まだ、じっくり見ていないので、あとでその指摘部分をよく見てみたいと思います。いや~しかし、すばらしい写真図鑑だ!

 

で、今日は世界のカモメということで、昨秋にメルボルンで見たカモメを紹介しましょう。

 

 

ハシブトカモメ(Pacific Gull)

撮影時期は10月末です。1wから1sに移行中かなあ??? 一緒に2wか2sって感じのもいましたが、成鳥は見られず。。。 とにかく初見ではやはり嘴に目が行ってしまいましたね! これだけの嘴を持つカモメはほかにはいません。日本だとワシカモメの嘴がガッチリとか言いますが、これは次元が違いますね(笑) このときの遠征で見た海鳥で一番興奮した鳥でした。留鳥みたいだからもっといてもよかったんだけど、成鳥はどこに行っちゃってたんだろうか??? また見たいな~。

 

 

夏はタイ中部で今年こそEared Pittaをやっつけるか、昨秋に続いてメルボルンにセルフバーディングしに行こうかと検討しています。メルボルンを検討するのは、結構、こいつの成鳥を見てみたい願望が影響してる気もする(笑)

 


 

28/Oct/2017 @Lorne-Queenscliff Coastal Reserve, Anglesea, Victoria, Australia

I have fanally got a photo guidebook ‘GULLS OF THE WORLD’. There are very high quality photos. So nice!

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。