タマシギ

王様のドライブ

 

やばっ、気付いたら8月下旬。。。 だいぶ更新が滞ってしまいました(汗) 今月、鳥見という鳥見はしてないですが、先週の土曜日にドライバー&ガイド付きでドライブ兼鳥見に行ってきたので、そのなかから当たり障りのない鳥を紹介しましょう。

 

 

チュウジシギ(Swinhoe’s Snipe)?

近かったけど草むらのなかにいたのでチュウジと断定はできませんが、嘴の長さだけを見てもタシギじゃないのは確実。個人的には色が濃いので、チュウジの可能性はあるな~程度。尾羽を広げたところは撮れてないので、個人的にはこれが限界です。ちなみに〝鳴く子も黙る私のガイド〟は第一感「チュウジ」。その後、じっくり観察してチュウジと同定しました。彼に言わせれば「僕、チュウジ!って顔してる」らしい(笑) 〝シギチ大好きベーシストドライバー〟も第一感「オオジではない」と判断し、微妙に見えた尾羽や体型などをじっくり観察してチュウジと同定しました。2人とも、そのへんの自称・ベテランバーダーより圧倒的に信頼できるのでチュウジなんだと思うけど、自分が理解できてないから全く納得できん。。。(苦笑) 写真はほかにもありますが、個人的に「僕、チュウジ!って顔してる」と言われたのがツボだったので、この1枚で!

 

 

タマシギ(Greater Painted-snipe)

雛が2羽。親は見当たらず。いてもタマシギはオスが子育てするので、見たいメスはきっと別の場所。鳥の多くは性的二型が顕著で大抵はオスが派手ですが、タマシギの場合はメスが派手でオスは相対的に地味。子育てをするのはオスで、しかも一妻多夫。オス、かわいそう。。。(笑)

 

 

ほかは稲敷方面でオオジシギが飛んでたけど、この日、ここではオオジが見つかりませんでした。あとは初秋の空気を感じながら海岸線をドライブ。運転しなくていいと楽チンだなあ(笑)

 

 

ミユビシギ(Sanderling)

たくさんいた。

 

 

チュウシャクシギ(Whimbrel)

1羽だけ飛んでいった。

 

 

ということで、ひと言。「王様待遇サイコー!」(笑)

 


 

18/Aug/2018 @Yodaura, Chiba, JAPAN

Snipes are passing Japan now…

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。