スマトラガマグチヨタカ

Short-tailed Frogmouth(スマトラガマグチヨタカ)@Indonesia 2017

 

正月が来たと思ったら、あっという間に3月です。有限の人生において、やりたいことをすべてやるには全く時間が足りません。。。 いや、正確に言えば、やりたいことを全てやるには先立つおカネが必要なので、多くの人はそのおカネを稼ぐことに人生の大半の時間を費やして死んでいきます。はて、私はそれでいいのか??? 自問自答する日々です。もっと効率よく自分のやりたいことを実現していきたい。要はサラリーマンやめて、もっとカネを稼ぎたい!ということなんですが、まあそう一朝一夕ではいかないですよね~(笑)

 

前置きとはま~ったく関係ないんですが、今日はガマグチヨタカの仲間を紹介しましょう。よく知らないんですが、ガマグチヨタカのなかでもトップクラスで撮影が難しい鳥だったみたいです。もしかして、サイトを再構築してからガマグチヨタカ類は初登場かも~。

 

 

スマトラガマグチヨタカ(Short-tailed Frogmouth or Sumatran Frogmouth)

ガマグチヨタカ、大好きな夜の鳥です。この2枚は昼間に撮影。お昼寝してるところをちょっとお邪魔させていただきました(笑) 1枚目がオス、2枚目がメスです。色の違いがわかると思います。通常は真っ暗闇のジャングルでコールバックをしながら近くに呼び寄せて、ライティングして撮影します。そうしなければ撮影どころか見ることすらほぼ不可能です。そのなかでもこの種は難しいそうです。何でなんだろうか??? まあ、なぜか一連の仲間でこの種だけ難しいって鳥いますよね~。例えばMountain Scops Owlとか。。。 といったって、こいつらも簡単に撮影したわけではなく、いろいろ枝葉を抜ける〝窓〟を見つけて、何とか撮影って感じでした。ちなみにガマグチヨタカ類はヨタカ類と同様に猛禽類ではありません。基本、夜行性で昆虫を食べている平和的な鳥です。昼間や危険を感じたときは木の枝に擬態してますね。

 


 

4/Sep/2017 @Mt. Kerinci, Sumatra, Indonesia

I love night birding. That time makes me be exited! I love the calm time waiting for target bird appear in front of me.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。