コキアシシギ

Lesser Yellowlegs(コキアシシギ)@USA 2018

 

前回もそうだったけど、タイトルにUSAって書くと、どうしてもDA PUMPの「U.S.A.」が頭のなかに流れてくるな、、、ってのは置いといて、今日はヒューストンでの一大ミッションの片割れであるコキアシシギを紹介しましょう(笑)

いや、しかし、「U.S.A.」が頭にこびり付いて離れないぞ!(爆) ということで、ひと言。「U.S.A.」をDA PUMPのオリジナル曲だと思ってる人は意外と多いようですが、実は原曲はJoe Yellowってイタリア人歌手なんですよ。私もつい最近知ったばかりの知ったかトリビアでした~(笑)

 

さて、どうでもいいモヤモヤが晴れたところで、本題のコキアシシギへ移りましょう。

 

 

コキアシシギ(Lesser Yellowlegs)

私なんかがパッと見しちゃうと、何が違うの?というレベルです。正直、少し距離が離れたところから単体で観察しちゃうと、判断がつかない可能性大です。しかし、「単体でいた場合」というのがポイント。まず、オオキアシとコキアシでは大きさがひと回りは違います。ざっくり10cm弱は違います。これはシギチではかなりの違いになるので、2種が一緒にいれば誰でも別種だと気づくでしょう。

単体で遠目にいてもシギチを見慣れている人なら何となくの大きさでわかるんだと思いますが、そこまでの識別眼は私にないので2つの別のポイントに着目しました。まずは、気づいた人はいると思いますが嘴の長さですね~。コキアシの嘴がちょうど頭1つくらいの長さなのに比べて、オオキアシは頭1つ半くらいの長さがあります。たくさんの個体数を見たわけじゃないけど、たぶんこれは間違いなさそう。面倒なのでリンクしないけど、1つ前の投稿でオオキアシの嘴の長さをチェックしてみてください。

次、たぶん尾羽からの初列風切の突出がコキアシは大きいんだな~。図鑑も初列に言及してた気がするので、換羽状況や姿勢にもよりますが基本的にコキアシの初列の突出は大きいようです。まあ、初列うんぬん言う前に嘴の長さで識別できちゃいますけどね~。日本で見る場合は、恐らく単独で渡来してほかのシギチの群れに入ってることが多いと思うので、まずは大きさを見てから嘴をチェックすればいいんじゃないですかね。

 

とりあえず、脚がめちゃくちゃ黄色い(黄色だと間違えそうなので、鮮烈なハッキリしたオレンジ色に訂正)アオアシ風のシギがいたら、要チェックです。オオキアシかコキアシの可能性大です。まあ、ほとんど日本に来ないと思いますけど。。。 ちなみにコキアシシギ、時期が遅かったせいか探すのにめちゃくちゃ苦労したんですよ~。発見したのが2度ほど、まともに撮影できたのが1回だけ。この個体を撮影した場所に2個体いて、さらにオオキアシシギとの並びも見られたのはラッキーでした。同行者の〝ベースマンバーダー〟Mくんが、最後の最後にこの場所を選ばなかったら写真が残ってないところでした。感謝感謝!

 


 

2/Nov/2018 @Houston, USA

Greater Yellowlegs and Lesser Yellowlegs are quite rare accidental visitor in Japan. This time was good opportunity to see them!

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。