2020年2月の投稿

F.N. 23/Feb/2020 @Chiba, JAPAN

 

九十九里~片貝~飯岡~銚子~ナイトバーディング

7~21時30分

快晴、気温10~15度

 

前日に急遽、白子温泉で飲むことになったので、翌日に銚子で鳥見をする知り合いに無理を言ってピックアップしてもらい、九十九里浜を北上しながら銚子へ向かった。まずは片貝海岸をチェック。いつもの水たまりは前夜の雨のせいか健在だったが、越冬シギチの姿はなし。そもそもサーファーだらけだったのでしょうがないが、よくよく見ると、白と黒のコントラストが目立つRough-legged Buzzardっぽいカイトが上がっていて、浜辺にすら姿を見ることはできなかった。代わりに水辺にはOlive-backed Pipitが数羽。同行者に「Buff-bellied Pipitでしょ!」と疑われたが、飛びモノの写真を見せて納得してもらった。私は普段テキトーなので信用がないのである(苦笑)

ほかに水たまりにはBlack Scoterの雌が1羽でぷかぷか浮かんでいた。右足に足環をつけていたが、「…1A…」としか読み取ることはできず。。。 沖にはいくつかBlack Scoterらしきものが浮いていたが、よくわからなかった。

その後、片貝漁港と飯岡漁港、北上途中の川でCommon Pochard、Tufted Duck、Mallard、Eurasian Teal、Eastern Spot-billed Duck、Greater Scaup、Eurasian Wigeon、White-winged Scoter 1w F2、Great Crested Grebe、Black-necked Grebe、、、あたりを観察した。

銚子では第3漁港で4~5羽のBlack-legged Kittiwakeを確認。干潟ではいくつか大型カモメがいたが、ほとんどがBlack-headed Gullで、少数のMew GullとBlack-tailed GullにVega GullとSlaty-backed Gullが混じり、ときどきGlaucous Gull 1wがやって来る程度。ほかに目ぼしいカモメ類はやって来なかったが、ここで何人かの知ってるカモメ好きな人たちとも合流した。

その後は礁前などの堤防に場所を移して観察。数は多いが、大半はBlack-headed Gullだ。ときどきGlaucous GullやGlaucous-winged Gullが現れ、同行者がMongolian Gull 1wかもしれないという個体を観察したが、たぶんSlaty-backed Gullだったらしい。私のイメージするMongolian Gullのイメージから少し離れていたので、1人だったら疑うことすらできたかどうか。。。 さらに同行者がThayer’s Gull 1wかもしれないという個体を観察したが、雨覆など上面のコントラストが個人的にイメージするThayer’s Gullとは違った。最終的にはみんなでThayer’s Gullの可能性をいったん否定。結局、何なのかよくわからなかった。この個体も1人で見ていたら疑ったか怪しい個体で、いかに自分の知識がバリエーションに乏しいか、そして全体を見るということができていないかを痛感させられた。思えば、典型個体以外は無視しているので、当然と言えば当然の結果だ。

その後も片親がGlaucous Gullと思われる交雑らしき個体など、ちょくちょく変なのが登場したが、American Herring GullやKumlien’s Gullどころか、Thayer’s Gullすら見つからない。ようやく夕暮れ間近になってThayer’s Gull adが見つかったが、これでカモメ類は打ち止め。

夕食後にはナイトバーディングを行い、いくつかの実績ポイントをテキトーに流してEurasian Woodcockを10個体ほど確認。しかし、フクロウ類は見つからず、この日の探鳥はタイムアップとなった。

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。