2018年11月12日の投稿

新世界から帰還

 

10月31日から昨日まで新世界に行ってました。新世界って何?って思う人、大阪の通天閣がある新世界じゃないですよ!(笑) 新世界とは生物地理区の新北区(北アメリカ)と新熱帯区(南アメリカ)を指す言葉で、大航海時代のヨーロッパでは世界はユーラシア大陸とアフリカ大陸だけでできていると思われていたので、新しく見つかった大陸として新世界または新大陸と名付けられました。必然的にユーラシア大陸とアフリカ大陸は旧世界または旧大陸と呼ばれます。オーストラリアは特殊なんですが、新世界に分類されることもあるようです。

何はともあれ、鳥見で新世界に行くのは初めてでした。過去にベネズエラを訪れたことはありましたが、仕事でのこと。当時は鳥見もしていなかったので、鳥はテキトーに撮影した数種のみが写真として残っているだけ。実質、初の新世界探鳥だったので、そりゃもう出てくる鳥はほぼライファーという状況で、12日間の旅行中に出現した種数は約400種ほど。おかげでライフリスト2000種にかなり近づいたかな。もうオーバーしてるかもな~。正直、わかりません!(爆)

 

ということで、昨晩、帰宅したばかりなので、どんな感じだったのか、2~3回にわけてスナップで紹介しましょう。

 

 

アメリカではヒューストンで4日間の鳥見をしました。日本ではレアだけど現地では普通種のシギチを中心に見ましたが、ちょっと時期が遅かったにもかかわらず、約120種ほどを確認。オオキアシシギ、コキアシシギ、ヒメハマシギ、アメリカヒバリシギ、ミズカキチドリなど、いい鳥見でした。ちなみにヒューストンはNASAがあることで有名な街ですが、ホテルはNASAまで徒歩圏内だったので、最終日の夜明け前にちょっと訪問。さすがNASAの街、マクドナルドもNASA仕様でした~!

 


 

31/Oct-3/Nov, 2018 @Houston, USA

I traveled new world for birding. It was a pretty good travel. These photos are in USA.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。