2018年4月12日の投稿

イライラ発散

 

今日は久々に鳥の話じゃないですよ。最近、イライラしたことを書いて発散します。

 

まずは今日、というか日が変わって昨日の職務中の話。職務内容を明かしたくはないので、読んだ人はモヤモヤしてしまうかもしれず申し訳ないのですが、私は職務上、私有地でなければ公道上で人に声をかけることを法的に担保された立場にあります。特別、資格証のようなものはないんですが、一応、誰が見てもそういう立場の人だなと理解してもらえるものは、わかりやすいように身に着けています。

で、街中でそういう行動をとっていたときのこと。いわゆる自警団的な組織の3人から声をかけられました。「何をされてるんですか?」と聞かれたので、「かくかくしかじか、こういうことですよ!」と説明し、相手も私が身に着けているものを目にして理解した様子でした。しかし、です。それで納得してあっさり引き下がっていただけるものかと思ったら、何やらネチネチといろいろ尋問してくるのです。街には悪いことを企む輩が溢れているので、自警団としてもしつこく尋問したくなるのはわかります。とはいえ、自警団には誰に対してでも強制的に尋問できる権利はなく、尋問するなら任意に基づいておこなわれなければいけません。

こちらとしては、仕事に協力してもらう許可を取り付けた人が気分を害して立ち去ってしまうのではないかという心配があるし、何よりこのややこしい状況をさっさと終わらせたい気持ちが強かったので、最初は相手の尋問に答えていましたが、一向に終わりそうもないので、「怪しい者ではないので会社の名刺をお渡ししましょうか?」と提案しました。これ以上、無駄に時間を浪費したくなかったので、あとは会社に電話して好きなだけ話を聞いてくれと思ったからです。そのときでしたね。3人の自警団のうち、60代のおばさんが「じゃあください!」と言い放ったのです。その時点で相当イライラしていたから、多分に私情が入っていたかもしれませんが、かなり不遜な言い方に聞こえました。

えーっと、まず「じゃあください!」って言い方、ビジネスの場で相手に対してそのように言ったら失礼だと思うんですが、そう思うのは私だけでしょうか? それなりの関係を築いた相手に対してなら、シチュエーション次第でOKだと思いますが、少なくとも初対面の、しかも、疑惑をかけて間違いでしたって謝らなければいけない側の人が発する言葉としては、完全に失礼極まりない言葉遣いだと思います。さすがに堪忍袋の緒が切れた私は、「じゃあください!」に対して「ちょっと、それは失礼じゃないですか?」と言うと、返ってきた言葉が「何が失礼なんですか? 名刺を渡すっていうから、じゃあくださいって言っただけじゃないですか!」だそうです。

自分の性格上、やるとなったら徹底的に理詰めで論破したくなるんですが、業務上のことで事を荒立てるわけにもいかないし、何より心底呆れていたので「わからないんでしたら、もう結構です」と皮肉ることくらいしかできませんでしたね。

正直、何が自警団だよ、と思います。自警団はその地域の治安を良くし、その地域を訪れる人が気持ちよく過ごせるように見張る人たちだと思うんだけど、私を不快にしかしていないですよね。何かを「守る」という立場の人は往々にして特権意識を持ちがちです。恐らく「守る」ということに変な正義感が働くからだろうと思いますが、そういう勘違いをする人は自警団にならないでほしいです。私自身も普通の人ができないことができる立場にいるという意味で、特権意識を持たないよう反面教師にしなければなあと思いました。ハッキリ言って、早くこの仕事を辞めて自由に生きたいと思っているので、現在の仕事に特権意識も何も感じてないんですけどね~(笑)

 

 

やばい、1つの話でこんなに書き連ねてしまった。なので、最後に時事ネタから。安倍首相の話。ハッキリ言って、もうアウトです。個人的な印象ですが、森友・加計問題は発覚当初からクロだと思っています。しかし、何ごとも証拠がなければクロにはならず、疑惑は疑惑のままです。昨年は証拠が出ないのをいいことに、うまいこと逃げ切った感じでしたが、ここに来て次々と新たな矛盾が噴出してます。とりわけ、再燃している加計問題は、安倍首相に即引導を渡す可能性がある問題です。

正直、私個人は中道右派で自民党寄りのはずなんだけど、安倍首相には早く辞めてほしいとしか思えません。ずっと思っていることですが、政治を個人的(友人を含む)利益のために利用しているようにしか見えないのです。最優先は安倍首相のライフワークである憲法改正のためなのでしょうが、それもうやむやな部分を排除して改正するならともかく、あえてうやむやな部分を残そうとしているとしか思えず、全く信用できないですね。

一方、第2次安倍内閣発足直後、経済政策として掲げたアベノミクスは少し雑ではあったと思うけど、しっかり実行できればトリクルダウンによる景気回復は望めた政策だったと思います。実際は米国がTPPを離脱するなど、いくつか不運はあったと思いますが、現状は株高こそもたらしたものの、あとは放ったらかしにしているのが実情です。あと、アベノミクスのために政府が日銀にやらせた史上空前の量的金融緩和は、ハッキリ言って劇薬中の劇薬の金融政策。これでバブル崩壊以降の景気を回復させられなかったら、将来的に金融引き締めに入ったときに超特大の副作用を伴うのは確実なので、ほとんど投げ出してしまったと言っていい現状は、森友・加計問題以上に罪深いことをしていると言えます。

憲法改正も確かに大事だけど、それと同じくらいアベノミクスを完遂することは重要だったのではないかなぁ~。少なくとも、あれだけの量的金融緩和をさせた以上、投げ出すのは無責任極まりないことだと思います。

そう考えると、もはや安倍首相に期待することはなく、腐った政治を正すためにも早急に辞めてほしいとしか思えないですね。野党も野党で追及がヘタすぎるところがありますが、国会で時々見せる安倍首相の余裕をこいた表情がかなり鼻につきます。私のなかで安倍首相をクロ認定してしまっているからですが、もう本当にこんな疑惑だらけの政権はまっぴらごめん。個人的な感覚だと、もうそう長くはもたないような気がしますけどね~。

 

何かのレポートかよというくらい書きましたが、これで最近イライラする不満の2つのみ。本当はもっとあるけど、なかには身近な関係者に対する怒りもあったので、あえて書かない方がま~るく収まるから、ちょうどよかった~(笑)

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。