Botanic Garden

White-breasted Waterhen(シロハラクイナ)@Singapore 2014

 

記事のタイトルのフォーマットをどのようにすべきか定まらないまま更新し続けているので、今、困っています。。。 修正するなら遅くなればなるほど面倒になるので、さっさと決めたいのですが、ついつい後回しになってしまいますね(汗) ○○NO.1とかやってたら、いずれこんがらがってきそう。。。 旧サイトでは帰国後、即紹介を開始する感じだったけど、今はそうじゃないので飛び飛びになっちゃうから大変です。。。

紹介できる海外の鳥は結構ストックがあるんですけどね。365日、毎日紹介しても終わりません。。。 ぶっちゃけ、いまだに同定してない鳥がうじゃうじゃいて、整理もできてません。世界中には1万種以上の鳥が生息していますが、死ぬまでに3000種はクリアしたいと思っているので、海外の鳥を1日1種紹介していっても8年以上かかる計算。。。 でも、1日1種の紹介なんてできないから、3日に1種なら24年もかかる!!! 完全な皮算用ですね~(大爆笑) ちなみに現在、800~900種くらい撮影に成功してるので、目標値の30%弱の達成率です。まだ、南米やアフリカなどガチンコの撮影で訪れたことのない地域があるし、行ったことのある国でも場所によって撮影できる鳥は全然違うので、まだまだ一気にライフリストを稼げそうです。誰も期待してないけど期待していてください!(笑)

 

さて、前回は国内では珍鳥でも海外ではただの鳥というテーマでしたが、今回も似たような境遇の鳥です。

 

シロハラクイナ(White-breasted Waterhen)

DPPv400000271

DPPv400000272

DPPv400000273

先日、都内の公園に出てましたね~。今もいるのかな??? カメラマンがわんさか集まって、あまり姿を見せてくれなかったとか。。。 しょうがないよね。同じ理由で昨秋、葛西臨海公園に出たヒメクイナもパスしました。始発電車に乗って朝6時前に現地に着いても50人くらいのカメラマンがいたんですよ!? 反吐が出ちゃうよね。。。 でも、根気強く何度も通った人たちは写真を撮ってます。やっぱり頑張ればよかったかなぁ(笑)

話がシロハラクイナから飛んじゃいましたが、シンガポールの植物園では朝ならいくらでも見ることができます。もちろん、クイナがいそうな場所で観察しないとダメですが、もういいよってくらい見られます。私が行ったときは子育て中で、子連れのシーンにも出くわしました。国内でも沖縄方面に行けば見られますが、近年は生息域が北に広がっているとか。そのうち本州でも普通の鳥になっちゃうかも!?

 


 

14/Sep/2014 @Botanic Garden, Singapore

Actually I have nothing to say about this photos, hahaha. It’s common in south east Asia, but it’s not in Japan. These days, White-breasted Waterhen’s habitat is expanded on the north side. So sometimes we can watch it near Tokyo. In fact, a White-breasted Waterhen was appeared a few weeks ago in Tokyo.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。