Luzon

Luzon Flameback(ルソンコガネゲラ)@Philippines 2016

 

普段、なかなかキツツキ類は納得いくアングルで撮影させてもらえることが少ないので紹介する機会は多くないですが、今日はキツツキを紹介しましょう。ただし、和名に問題があります。。。

 

 

ルソンコガネゲラ(Luzon Flameback)

何がコガネゲラやねん!だって? そうです、ごもっともです。この種はもともとGreater Flameback(IOCに和名なし)というキツツキの亜種だったようですが、今は別種になっています。Flamebackと名のつくキツツキは、ほとんどの種が黄金色の羽衣なので和名は「○○コガネゲラ」が多いのですが、この種の羽衣には〝コガネ〟の要素がありません。

それもそのはず、実はこの種には和名がないのです。そこで困ってネット検索したところ、「ルソンコガネゲラ」と名をつけている人がいたので、仮でそういう和名にしておきました。どうせ仮なら自分なりに和名を考えたいところだけど、ルソンコガネゲラ以外に思いつくものがないんですよね~。ちなみにFlameというと、火=赤をイメージしますが、Flameには火のほかに「輝く光」「輝かしい光彩」という意味もあります。そう考えると輝く光=黄金色となり、英名、和名ともに羽衣と一致します。でも、この種におけるFlameは、まさに火=赤のイメージ。そうなると、「○○コガネゲラ」と呼ぶのは違和感がありますね。。。 ちゃんとした和名をつけてくれないかなあ。ほかにもFlamebackとつくキツツキは和名がない種が結構いるんですよね。。。

 

あ、わかると思いますが、1枚目がオスで2枚目がメスです。

 


 

19/Jul/2016 @Subic, Luzon, Philippines

This Woodpecker used to be subspecies of Greater Flameback before. Maybe,  that’s why some ‘Flameback’ don’t have Japanese name. That situation makes me a bit confuse to write my blog.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。