埼玉 (Saitama)

海サボって陸で鳥見

 

昨日から3連休だったので、海鳥ウォッチングついでに船で北海道行って寿司でも食べて帰ってこようかなあと思ったんですが、休みの前日に酒席があったのを忘れていて連休初日に眠くてサボりました(笑) で、昨日は散髪しただけで終了。今日はさすがにどっか行こうと思って、朝ゆっくり起きてから10時に自宅を出て近場でちょこっと鳥を見てきました。

 

 

トモエガモ(Baikal Teal)

トモエの写真なかったんですよね~。それほど見るのが難しいわけじゃないけど、ここまで近くで見られるならというのと、もうきれいな繁殖羽になっているだろうと思って行ってみました。印旛沼では遥か彼方に浮いているので鳴き声は聞こえませんが、間近で聞くと子犬みたいな鳴き声ですね。カモの鳴き声って結構おもしろいので、みなさんもよ~く聞いてみてください! この前のコオリガモはコミカルでおもしろいですが、個人的には港回りしてるときのクロガモの悲しげな声はつい気になって聞いちゃいます。

 

 

オナガガモ(Northern Pintail)

関東なら冬にどこにでもいるオナガガモ。潜って採餌する個体もいれば、水面に浮いてるもの?をコシコシして採餌する個体もいて、見ていて楽しかったです。かなりコシコシしてる音がしてましたね(笑) あ、ちなみにコシコシする音はコシコシではなく、何というかチューチューというかジュルジュルというか吸ってる感じの音ですね。

 

 

ヒドリガモ(Eurasian Wigeon)

一番鳴いてたのがヒドリでした。これもどこにでもいるカモですね~。

 

 

オオバン(Eurasian Coot)

こうして見るとなかなか精悍な顔つき。たまにノスリにすら狩られちゃうのにね~。

 

 

当初はアメリカコガモを拾いに行く予定だったのですが、トモエが最初のうちは寝ていたので時間がかかってしまい、予定を変更して近場のさくら草公園へ。やはり朝ゆっくりしてると、冬場は時間が厳しいですね(苦笑) ということで、次の目的地に着くと、駐車場から見えるところに人だかりが。葦が野焼きされた後だったようで、アリスイかな~?と思って聞いてみると、やはりビンゴ。奥に行ってみるとまた黒山の人だかりができていたので聞いてみると、ベニマシコを待っているのだそう。目の前の薮にベニマシコいたけど、誰も撮ってなかったような。。。(汗) ということで、サクッと一周して目ぼしい感じのがいなかったので、アリスイを待ちました。

 

 

アリスイ(Eurasian Wryneck)

30分ほど待っていると鳴き声が聞こえてきたので探したら、立ち入りできない場所のずっと奥に下りて採餌していました。徐々にこっちに近づいて来たかと思ったら、一気にひとっ飛び。ガックリしていたら「こっちにいるよ~!」と知らないおじさんが教えてくれたので、サクッと撮影。でもまだ遠かったな。。。 2枚目、Wryneckって感じですかね?

 

 

この日、見たのはヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ、トモエガモ、キジバト、アリスイ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、アカハラ、ガビチョウ、ベニマシコ、シメ、カワラヒワ、アオジ、スズメ、、、こんなもんかな??? 少なっ!!!(苦笑)

 


 

15/Feb/2018 @Minuma-Shizen-Koen and Sakurasou-Koen, Saitama, JAPAN

It’s just a killing time.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。