Higashi-Yoka Tide Land

そして伝説へ…

 

※記事の最後に重要な訂正を挿入しました

 

先週の木曜日から仕事で九州へ行っていました。もちろん、大潮なので行くのは大授搦。目的はヘラシギとエリマキシギが万が一、残っていないかなあということ。どちらも4月20日あたりが初認日で、それから約2週間の次の大潮でも確認されていました。しかも、ヘラシギは2羽に増えており、1羽は若干赤い夏羽への換羽が進んでいる状態。エリマキシギもエリマキがかなり出ている状態で、もし、次の大潮まで残っていたら大変なことになるぞ!と目論んでいたわけです。

果たして実際に大授に行ってみると、エリマキはもう抜けていたものの、何と真っ赤なヘラが1羽残っているとの話。金曜の朝から全力で探すと、僕は撮影できなかったものの、他力本願チックなおじいさんがバッチリ撮影。実際に写真を見せてもらうと、なななんと! もう完璧な夏羽へと変身を遂げていたのでした。

翌土曜日の朝も全力でトウネンを片っ端からスキャンしていきます。数百、もしかしたら+1000の数が幅1.5kmほどの干潟に散らばっています。リミットは識別可能な距離にトウネンが入ってきてから満潮まで。しかも、その間に移動するわ飛ぶわを繰り返すなかで賞味1~2時間ほどです。また、その日の潮高や気圧に大きく左右されます。この日は低気圧のせいであっという間に潮が満ちてきてジ・エンド。引き潮時にようやくその姿をとらえることができましたが、1280mmで砂粒くらいの遥か彼方でした。

正直、土曜日の鳥屋さんを見ていて思ったのは、他力本願の方が多かったなあということ。私ごときがいくらがんばったところで大した戦力にはならないので、これは裏技を使うしかないなと(笑) 私の知る本当にスーパーな鳥屋さんに声をかけて集まってもらい、日曜日の上げ潮時に勝負をかけることにしました。見られるのか、撮影できるのか、ずっとそのことが気になってソワソワしながら仕事をして翌朝を待ちます。

そして決戦の日の朝、声掛けしたスーパーな鳥屋さんたちが待つ駐車場へ向かう途中、そらには朝日に浮かぶ吉兆の虹が浮かんでいました。助っ人の方々と合流すると、さらに勇気が湧いてきます。そして干潟に下りてわずか3分、鹿児島のスーパーな鳥屋さんがさっそくヘラの姿をとらえました。これでいることが確定! 一時ロストするものの、今度は大阪のスーパーな鳥屋さんが即座に再発見。その後、何度か飛んだりしたものの、降りた場所をしっかり見定めて、スキャンすれば再々発見。そんなことを繰り返しながら、満潮時までずーっとヘラを観察して撮影することができました。

鳥を見るようになって図鑑を見たときからずっと見たかったヘラの夏羽。しかも、完全版! これはもうスーパーな5人の助っ人のおかげ。感謝感謝です。

 

 

ヘラシギ(Spoon-billed Sandpiper)

飛びものを失敗したのが残念。しかし、タイトルにあるように、この個体は日本のバードウォッチング史上、後世まで語り継がれる夏羽個体になるはずです。春の滞在1か月、完璧な夏羽、伝説になる要素は十分です。ちなみに「そして伝説へ…」のタイトル、わかる人はすぐにわかりますよね!? あれから取らせていただきました(笑)

 

 

トウネン(Red-necked Stint)

2枚目はエリマキトウネン(笑)

 

 

ヨーロッパトウネン(Little Stint)

間違ってないよな???(苦笑) これとほとんど色がついていないのと2個体はいたと思う。

 

 

ハマシギ(Dunlin)

2枚目はハマとトウネンの群れ。

 

 

ダイゼン(Grey Plover)

きれいだ!

 

 

オオソリハシシギ(Bar-tailed Godwit)

こんなのは普通にうじゃうじゃ。今回は時期的に最終盤だったので、あまり種はいなかったと思う。3日間ともにトウネンのスキャンばかりしてたのでわからず。。。

 

 

???

現地ではハマヒバリということに。私もそう思う。

 

 

本当にすばらしいヘラシギとの時間でした。次にこんな個体に会えるのは、何十年後かな???

 

※実は17日(金)に撮影された夏羽個体と19日(日)に撮影した夏羽個体が別個体だと判明しました。ある人のツイートを見て17日に撮影された写真と19日に私が撮影した写真を見比べたところ、確かに別個体のようです。しかも、17日に私が撮り逃した個体の方がさらにヤバい夏羽に見えます。すごいことが起こっているという反面、17日に撮り逃したことが悔やまれます。。。

 


 

17-19/May/2019 @Daijugarami, Saga, JAPAN

I need no words. The photogragh is everything..

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。