可児(Kani)

完全制覇リーチ!

 

仕事ついでに、写真がなかった日本固有種を見てきました。しかし、仕事の合間に鳥を見るとなると、まあしんどい。。。 前日はFPさんと名古屋で2時間弱ほど酒を酌み交わしながら鳥談義。もちろん、翌朝は早いのでお酒はほどほどに。。。 でも、朝はきつかったなあ。。。

 

 

ヤマドリ(Copper Pheasant)

これまで遭遇するだけで写真がなかったヤマドリ。ちょくちょく関東でも出てる場所は聞くけど、人だかりが想像できたので行ってませんでした。ここならあまりいないだろうと思って行ってみたら、案の定、早朝は私以外に1組の夫婦だけ。1人じゃなかったのは残念だけど、まあ気楽に撮れてよかったです。5亜種あるうちの亜種ヤマドリでいいのかなあと思うけど、狩猟鳥でもあるヤマドリは放鳥されることも多く、別地域の亜種が放鳥されて遺伝子攪乱が著しいと聞きます。なので、亜種認定は参考程度です。

個人的な感想では、この個体は放鳥個体ではないかと疑ってしまう点がいくつかあります。一方で放鳥個体として最近現れたなら、どうしてこんなに年齢がいっているのかも疑問。尾羽の節は少なくとも11はありました。放鳥するなら、そんな長年餌代をかけて飼わないだろうとも思うわけで、謎ですね~。

 

 

オオルリ(Blue-and-White Flycatcher)

ヤマドリのポイントは、渡り途中の鳥から留鳥までたくさんいました。このオオルリはかなりサービスが良かった個体。一方、ほとんど同じテリトリーにいたキビタキは、しょっぱい個体でしたね~。ほかにはノビタキ、ノゴマ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、サンショウクイ(s)、ヤブサメ(s)、メボソムシクイ系(s)、カケスなど。意外にもセンダイムシクイとかエゾムシクイの声は聞こえなかった。。。 あと、コマドリがいたら大体の夏鳥勢揃いだったな~。

 

今回、ヤマドリを撮影できたことで、ヤマドリ属5種の写真付き完全制覇にリーチがかかりました。これで心おきなく中国に行けます。来週末には全種写真つきでのコンプリートが叶いそうだぁ~(笑)

 


 

21/Apr/2018 @Kani, Gifu, JAPAN

This is my first Copper Pheasant photo. I have encountered Copper Pheasant sevral times, but it was always short time and almost impossible to photogragh. Anyway I got 4 species in this group so only 1 species left. Next weekend, I will get last one…

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。