国内 (JAPAN)

かっこいいチュウヒ!

 

もうすぐ11月。そろそろ猛禽シーズンが開幕します。ここのところ関東では、いわゆる大陸型チュウヒがよく撮影されているようで、ちょっと行きたい気持ちが。。。(笑) やはり、仕事なんかせずに、ずっとフィールドに出てる方が楽しいに決まってますね!

ところでその大陸型チュウヒ、ちゃんと調べてみたらIOCではEastern Marsh Harrierに亜種すら存在しないんですね! 個体変異が大きいと言われるチュウヒですが、大陸型と呼ばれる個体はあまり日本にいないので、何かしらの違いがあるんじゃないかなあと思っちゃいますが、そりゃ〝素人考え〟というものなんでしょう(笑) 猛禽に詳しいと自認する人たちに、どういうことなのか納得いくまで聞いてみたいですね~。

 

ということで、今日はその大陸型チュウヒをご紹介しましょう。

 

 

チュウヒ(Eastern Marsh Harrier)

大陸型チュウヒと言われる個体のなかでも、一部の個体だけがこの様な真っ黒な頭になるっぽいなあ。通常の大陸型チュウヒは、ここまで黒くはないですよね。何というか、もう少し褐色味があって、まだらに斑がある感じ。この個体は現れた瞬間に異様な雰囲気でした。初めて見たらマダラチュウヒと見間違うかも(笑) こんな個体、また会いたいな~。

 


 

29/Nov/2014 @Inashiki, Ibaraki, JAPAN

Eastern Marsh Harrier is very common raptor in Japan but this type is uncommon. Some people say this type as ‘Continental type’. In IOC list, Eastern Marsh Harriers don’t have subspecies, but looks is too different though they has various plumage…

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。