Mountain Scops Owl

Mountain Scops Owl (9/Jan/2020 @Taiwan)

 

ナイトバーディングで狙うメインはフクロウ類だが、これまでに撮影してきたなかでも特に難しい1種だったのが今回紹介するMountain Scops Owl。中国中南部から東南アジアにかけてわりと広域に生息し、個体数も声を拾う限りは少なくはない種だが、とにかく観察・撮影が難しい。何十回も東南アジア遠征をしたり、東南アジア在住経験のあるバーダーでも見ていない人がいる難関種だ。

幸運にも過去にタイ北部で一度だけ撮影に成功していたが、その前も、その後も、何度も何度もトライして失敗しているだけに、今回も声を拾った時点では撮影できないだろうと思っていた。ただ、今回はちょっと仮説を立ててアプローチを変えてみると、これが功を奏したのか3夜連続で撮影に成功。過去の経験から望外の成果だった。少なくとも2個体を撮影したが、仮説を完全に裏付けるにはサンプル不足で、ほかの国の別亜種でも仮説が正しいのか試してみたいところだ。

 

Mountain Scops Owl(Otus spilocephalus hambroecki)

 


 

9/Jan/2020 @Daxueshan, Taiwan

Mountain Scops Owl is one of the most difficult Owl to photograph. But I luckily got them 3 nights continuously. Is it just lucky? It may or may not be because I changed how to call back. Anyway I need to get more sample for making sure my way..

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。