Eastern Buzzard

Eastern Buzzard (1/Jan/2020 @JAPAN)

 

私の地元には〝ノスリ街道〟と呼ばれる、車を軽く流すだけで多数のノスリを観察できる場所がある。猛禽好きの知人は大学時代の後半をこの地で過ごし、卒業後も10年近くにわたってこの地でノスリ研究に没頭した。〝道外で繁殖するオジロワシ論文〟の共著者でもある彼はそれぞれを個体識別して毎冬観察していたが、この地で大学時代の後半を過ごしたことが彼のバーダーとしての運命を決めたと言っても過言ではないだろう。それくらいノスリを見るうえで質量ともに適した環境と言える。

ちなみに日本でよくみられるものは、かつて学名Buteo buteo japonicusとし、一般的な広域種Common Buzzard(Buteo buteo)の1亜種としてきたが、現在は独立種Eastern Buzzard(Buteo japonicus)となっている(IOC Master list ver.9.2参照)。

なお、この個体は虹彩の白さから、かなり若い個体。

 

Eastern Buzzard(Buteo japonicus)

 


 

1/Jan/2020 @JAPAN

Eastern Buzzards(Buteo japonicus) used to be a subspecies of Common Buzzards(Buteo buteo), but it was split almost 10 years ago. Near my parents home town, there is “Eastern Buzzards road” where we can watch a lot of them. Actually Eastern Buzzards are quite common in eastern part of Japan. Nevertheless, I can say “Eastern Buzzard road” is one of the best watching place in Japan and I gurantee you can watch various types of plumage.

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。