非LのEF200-600が出る!?

 

ネットを徘徊していたら、こんな噂を見つけてしまいました。有名なカメラ関連の噂サイト「デジカメinfo」の話なので、どこまで信憑性があるかわかりませんが、NIKONから200-500の超望遠ズームが安価に出て評判なこともあり、CANONが似たようなレンジのレンズを作っても何も不思議じゃないですけどね。噂では開放F値は4-5.6だそうなので、普通に作ったらかなり大きくて重くなりそう。であれば、きっとCANON得意のDOレンズを採用して小型軽量化を図ったものになる予感。それでも大きくなるらしいですが。。。 価格は安いにこしたことはありませんが、個人的には30万円くらいする史上初のDOのLレンズでもいいので、EF100-400Ⅱほどの画質を実現してくれれば即買いしそうです。

なぜ、そんなレンズが欲しいのか? 野鳥を撮影するようになってまだ4年ほどですが、やっぱり手持ちで動ける軽い超望遠ズームの機動力が必要なことって多いんですよね。特にオープンフィールドではレンズの明るさをあまり必要としないので暗い超望遠ズームでも問題ありません。一方で草木が鬱蒼と茂ったジャングルでは、フィールドが暗いので機動力を捨ててでも大きくて重たい明るいレンズや三脚の使用が大きなメリットになります。

今は100-400Ⅱと428Ⅱを使用していますが、最近は国内で100-400Ⅱしか使ってないと言っても過言じゃないくらい多用しています。何にしても楽ですから。でも、やっぱり望遠端400ミリでは鳥には短いんだよね。。。 428Ⅱはテレコンとボディーの組み合わせで最も万能性があるレンズだと個人的に思っていますが、100-400Ⅱはテレコンつけたら、さすがに画質がアウト。だから、より望遠端が長い超望遠ズームが欲しいわけです。正直、NIKONが200-500を出したときはうらやましかった(笑) リアルにD7200と200-500をセットで購入しようかと考えたほどだもんな~。でも、CANONが似たレンジのレンズを出すのは目に見えていたわけで、今回、その通りの噂がでてきたわけですが。。。

でも、お願いだから手持ちでいける、というかボディーにレンズ装着した状態で肩掛けできる重さで出してほしいですね。EF200-400じゃないんだから、機動力を活かせない超望遠ズームじゃ意味がないもんな~。。。 さて、どうなるでしょうか?

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。