思いがけず探鳥しちゃった(汗)

 

今日はこの間のニシオジロビタキとオジロビタキの識別点の復習に、オジロビタキを見に行ってきました。お立ち台があると聞いていたのですが、行ってみると雨のせいでカメラマンは誰1人いないし、お立ち台にはルリビタキ雌が常駐してほかの鳥が来る気配がありません。さて、困った。。。 ただの撮影だと思ってゆっくり来てしまったので時間がない。正味1時間でオジロビタキを公園内で探し出さなければいけません。とはいえ餌付けされてる鳥は、大抵、その場所からそう遠くへは行かないというのが経験則。例外もあるだろうけど。。。(苦笑)

というわけで、1時間1本勝負でオジロビタキ大捜索を行いました。しかし、この公園はルリビタキがわんさかいますね。あっちもこっちもルリビタキだらけ。たぶん、この公園内に10羽くらいはいるのでは??? ついでにジョウビタキもルリほどじゃないけどそこそこ数はいます。つまり、どこを探してもいるのはルリビタキとジョウビタキばかりで、オジロビタキが見つかりません。。。 がーん、空振ったか、、、と思って最後にもう一度、お立ち台をのぞいてみようと戻ったら、どこからともなくオジロビタキの地鳴きが聞こえてきました。もちろん、こういうこともあろうかと、地鳴きを頭に叩き込んでおいたのです(笑) ニシオジロビタキとの地鳴きの違いは、今ならしっかり区別できるはず。たぶん。。。(苦笑)

とにかく、そのオジロビタキの地鳴きが聞こえる方へ向かってみると、いたーーー! 見まごうことなく、確かにオジロビタキ! やはり、前に見たときと同じように白黒がハッキリしたイメージそのままでした。しかし、ライファーでもないのにちょっと興奮しましたよ(爆) やっぱりただ〝撮影〟するのではなく〝探鳥〟して鳥を見つけるのは格別に楽しいんだよなあ。

 

 

オジロビタキ(Taiga Flycatcher)

ただ、あまり写真を撮影できなかったんですよね~。だから、識別点をしっかり写せてない。。。 でも、この写真だけでも上尾筒がクッキリハッキリ黒いのがよくわかります。嘴も真っ黒なんだけど、もう少し大きく写さないとわからんよなあ。まあ、今回は地鳴きをハッキリ頭に叩き込んで、それをもとに探し出せたことで良しとしましょう。

ちなみにですが、ニシオジロビタキよりもオジロビタキの方が日本への渡来数は少ないと言われています。というか、圧倒的に少ないと思います。かつては、地理的に日本に渡来するのはオジロビタキだと言われていましたが、何と全くの逆だったことが判明しています。つまり、いわゆる珍鳥度とかいう尺度を持ち出すなら、ニシオジロよりオジロが断然上なのです。ノドの赤い個体もニシオジロはちょこちょこ入るけど、オジロはほとんど例がないんじゃないかなあ。舳倉島で出たオジロビタキのノドが赤い個体の写真を見せてもらいましたが、エプロンの範囲がとても限定的だったのが印象的でした。

 

 

ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)

オスもメスも同じ個体なんですけど、この公園にルリビタキは本当に多かった。このなかに1枚だけ、お立ち台に現れたルリビタキの写真があります。まあ、一目瞭然ですね(笑)

 

 

ジョウビタキ(Daurian Redstart)

どうしてジョウビタキはメスが強いんだろう??? 10月に実家でオスを見て以来、全く見ていない。。。 そういえば、ジョウビタキって日本で繁殖しているんですよ。昨年、繁殖のため越夏しているつがいをとある高山で発見してしまいました。今夏は知り合いの方がその場所でヒナを撮影してましたよ~。

 

 

ということで、思いがけず雨のなか探鳥することになり、何とか無事にオジロビタキを見ることができました。来たからには見つけないとメンツが立たないという状況だったので、いい感じに追い込まれながらの探鳥は楽しかったです。こういうの、たまに起こるんだよね(笑)

 


 

13/Dec/2016 @Yamada-ike Park, Hirakata, Osaka, JAPAN

Taiga flycatcher and Red-breasted Flycatcher are similar and both fly to Japan in winter. But Taiga Flycatcher is much fewer than Red-breasted Flycatcher and geographically Taiga Flycatcher’s habitat is nearer than Red-breasted Flycatcher. Why Red-breasted Flycatcher fly to Japan so many???

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。