Nankeen Night Heron(ハシブトゴイ)@Philippines 2016

 

ちょっと前にもハシブトゴイを紹介しましたが、先日のパラワンでも撮影してきたので、再度、紹介したいと思います。ちなみにwikiによれば(苦笑)、ハシブトゴイにはいくつか亜種があります。何が違うのかは調べてないのでわかりません! 私はそういう雑なバーダーなので、しょうがないのです(爆)

でも、wikiを信じるなら、前回紹介したハシブトゴイとこのハシブトゴイは別亜種になるはずです。まあ、撮影地がフィリピンとニューギニアだから、さもありなんですけど。比べると、フィリピンの方は下腹がハッキリ白いような気もしますが、ニューギニアの方は写真がイマイチなので、よーわからん! ニューギニアの亜種はたぶんオーストラリアと同じ(と思いたい)なので、そのうちオーストラリアでも撮影するはず。結論はそのときに持ち越しとしましょう(爆)

 

 

ハシブトゴイ(Nankeen Night Heron)

dppv400000316

 

この場所はねぐらだったのか何なのか、この個体の周辺に成長幼鳥合わせて6~7羽以上いました。そういえば、幼鳥の写真を現像してなかった。。。 この間、屋久島に迷い込んできたのは、地理的にこのフィリピンの亜種だったのかな???

ところでオガサワラハシブトゴイって、どんな特徴があったんでしょうね? こういう、どうでもいいところが気になるぅ~(笑) でもね、たぶん調べれば文献くらいあると思うんだよね。ただ、調べるの面倒だよね~(笑) 誰かハシブトゴイの亜種の説明も含めて簡潔に解説してちょうだい!!!

 


 

6/Nov/2016 @Crocodile Farm, Palawan Island, Philippines

There was subspecies of Nankeen Night Heron in Ogasawara Islands of Japan more than 10 decades ago. It was the one in northern limit of habitat. But they didn’t know how much danger about unfamiliar animals including human. There is a document which says people landing the habitat could catch Nankeen Night Heron easily and they ate it. Sometimes we hear such kind of stories. Actually it’s true. Short-tailed Albatross also faced similar situation and they were about to extinct. There are more extinct species with similar story.

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。