Palawan Hornbill(パラワンサイチョウ)@Philippines 2016

 

今日はパラワンの鳥を紹介します。フィリピンのなかでもここにしかいない固有種が多い島。ちょっと前までフィリピンにはベルギー人の超敏腕ガイドがいたのですが、現在はフィリピンを離れて帰国してしまった様子。ぜひ、彼に一度ガイドを頼みたかったなあと思ってしまいます。何せ「ここに出すぞ!」と言って、実際にその場所に鳥を呼んでしまえるという〝特殊能力〟を持っていたようなので、ぜひともガイドしてもらいたかった。。。 かなりガイド料は高いらしいんですけどね(笑)

 

前置きが長くなりましたが、今日紹介するのは名前からもわかるとおり、パラワン固有種のパラワンサイチョウです。

 

 

パラワンサイチョウ(Palawan Hornbill)

_d2_5390

_d3_3100

たぶん、1枚目が成鳥で2枚目が若で合ってると思います。2枚目の個体も成長すれば1枚目のような立派な〝ツノ〟を手に入れるはずです。サイチョウの「サイ」は、クチバシの上部の突起がサイの角に似ていることから名がついています。サイチョウは空を飛んでいるときにブウォンブウォン羽音を立てながら飛んでるイメージですが、なぜでしょう? このときはわりと近くを飛んだのに聞いた記憶がありません。。。 これに見た目が似ていてサイズも若干小さいOriental Pied Hornbill(キタカササギサイチョウ)は、それこそブウォンブウォンいってたのになぁ。撮影に夢中で聞こえなかったのか??? 不思議。。。

 


 

7/Nov/2016 @Palawan Island, Philippines

This hornbill is one of the Palawan endemic species. Maybe 1st shot is adult and 2nd shot is juvenile. I wonder that I wasn’t able to hear the sounds of flappings. I can hear the sounds even smaller hornbills… Because of concentrating on shooting??? Mmmm…

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。