Garnet Pitta(ムラサキヤイロチョウ)@Malaysia 2016

 

1度PCに向かったら数種の写真を一気に現像しないと、次、いつ写真を現像することになるかわかりません。たぶん、忙しいみたいです(笑) 実は6月のマレーシア遠征の写真は、先ほどRail Babblerの記事を出す直前に初めてPCに取り込みました。Garnet Pittaはあまりいい写真がないです。。。 その理由は、、、今回お話しましょう。ということで急遽、今日はGarnet Pittaを掲載することにします。

 

 

ムラサキヤイロチョウ(Garnet Pitta)

DPPv400000285

DPPv400000284

なぜ、あまりいい写真がないのか? 理由は私の位置取りのせいです。数人でハイドを使って撮影したんですが、鳥が出てきてからはハイドの外に出られません。。。 また、同じ場所でRail Babblerも出ていたため、私は完全にRail Babbler撮影に適した位置取りだったんです。写真の左にある前ボケの木が邪魔で邪魔で。。。 ほかの3人がバシバシ撮影していたなか、私はみんなのシャッター音を聞く役に徹していました。。。(涙)

この鳥、Rail Babblerが出てると、絶対に姿を見せてくれないようで、実は今回の遠征ではこのワンチャンスだけでした。Rail Babblerは翌日もチャンスがあったけど、Garnet Pittaは本当にこの1回だけ。しかも、ジャングルのなかがだいぶ暗くなってきて、もう帰ろう!という私の意見が通らず、10分だけ延長して残った最後の数秒、いや、正確にはハイドを片付けようとしているところに突如、姿を見せてくれました。いや~、ドラマチック! あのとき、あっさり帰ってたら見られなかったと思います。そういう意味では、まあ、とりあえず残せる写真が撮れたということで及第点でしょうか。でも、撮り直し必須です。

ちなみにこの鳥もトラツグミの「ぬえ」に似た鳴き方をします。クチバシは開きません。そういえば、Rail Babblerもそうですね。どちらも似たような鳴き方をしますが、聞けば何となく違いが分かりますよ~。

 


 

9/Jun/2016 @Krau Forest, Malaysia

I took photos of Garnet Pitta in same place of Rail Babbler. Their singing is quite simmilar, but we can distinguish by slightly differ point. In this time, I was unlucky because I was stymied by a tree. And I had only one chance to shoot him. Mmmm, bird photography is difficult…

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。