F.N. 25/Mar/2020 @Chiba, JAPAN

 

天気:晴れ

気温:15度以下

この日は深夜から朝にかけて仕事をしたので、昼過ぎまで寝てから三番瀬へ。最近、いるらしいFar Eastern Curlewをこの春のシギチ初めに見に行こうと向かったが、思った以上に潮が上がってきていてパッと見は何もいない状態。東の堤防付近を見るとEurasian Oystercatcherがチラホラ。西の堤防付近を見ると、Eurasian Oystercatcher数羽のなかに嘴が特徴的なFar Eastern Curlew1羽を確認した。前日までの話だと2羽いたということだが、もしかしたら潮が上がってきて飛んでしまった後だったのかもしれない。

撮影するために近づいて座って待っていたが、なかなか順光側には来てくれず。そうこうしているうちに干潟がほとんどなくなって東へ飛んでいった。もしかしたら、東の堤防に下りていたかもしれないし、谷津干潟に飛んでいったかもしれないし、はたまた調査以外では立ち入れないという噂の干潟に飛んで行ってしまったのかもしれない。

沖にはGreater Scaupがテキトーカウントで300+。東の堤防を越えては確認していないし、西側も堤防に視界を遮られる場所で見たので不明。あくまで西側の堤防下に座ったままで見える範囲の沖をカウントしたので、何の意味もないと言えばその通り。

帰り際に東にRed-breasted Merganserを1羽確認。たぶん、もう少し沖にはいたのだろう。また、芦原ではCommon Reed Buntingを2羽確認して終了した。

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。