F.N. 14/Mar/2020 @Chiba & Ibaraki, JAPAN

 

天候:曇り時々雨

気温:10度以下

 

14日は海外帰りの成田空港から、カモメ類を見に銚子に直行した。とりあえず、波崎を確認するが、Stejneger’s Scoterがちょこちょこいたらしい。というのも、同行者2人は学生バーダーのなかでも指折りのやり手なので、いるのをサッと確認したらさほど興味がなく、私がしっかり確認する暇もないのである。。。(汗) 波崎新港の広場のあたりをウロウロしていると、American Herring Gullの1wらしき個体が浮いているのを発見。しかし、最後まで決定打をつかめず、推定スミスということで、そそくさと銚子へ向かった。

礁前などの堤防にはあまりカモメ類が下りていないが、第2漁港付近では数多くのカモメ類が乱舞したり、建物の屋根に止まっていたり、水面に下りていたり。。。 その水面のなかから、パッと見でThayer’s Gullとわかる個体を同行者が見つけてくれた。とてもわかりやすい典型的なThayer’s Gullで、カモメとは縁遠いもう1人の同行者にはいいサンプルになったに違いない。

そのままさっさと干潟へ向かうと、すでに何台もの車がスタンバイしていた。近頃はカモメ類も珍鳥追っかけの対象になったのか、、、と思いきや、そういうわけではない。なぜなら、来ているのはみんなガチの識別屋さんがほとんどで、ほぼレギュラーメンバーばかりだからだ。確認しておくが、私はガチな識別屋ではない。しかし、カモメ類に関しては、識別できてナンボの世界なので、渋々、勉強するしかないのは追記しておく。

少し、間が空いてしまったので時系列が曖昧だが、この日はThayer’s Gullが結構の個体数が登場。ほかにはAmerican Herring Gullのad、Lesser Black-backed Gullのadなど。この日の大物は何と言ってもLesser Black-backed Gullだ。普段からホイグリン系の数は少なくないが、こんなにバキバキの本物を見たのは初めて。しかし、この日は南国のジャングル帰りで薄着。車の外は雨が降り、風も吹くなかで気温はひと桁まで下がり、新型コロナウイルスの影響ではないものの寒気で死にそうな体調に。。。 なので、車の暖房をガンガンつけてもらって、そのまま鳥見を放棄した。昼過ぎからのThayer’s Gullは1個体も観察していない。。。

この日はこれにて終了。ほかはよくいる基本種はすべて登場したので、名前は省略するが追記しておく。最後は近くに現れた知り合いに、イタズラ用に買ってきたドリアンチョコレートを袋ごと押し付けて帰宅。夜にはドリアンチョコレートを食して悶絶する彼の姿をスマホの画面越しに見た。そういえば、この日はホワイトデーだったと、あとから気がついた。。。

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。