F.N. 15/Feb/2020 @Hokkaido, JAPAN

 

真駒内公園

11~16時

快晴、気温0~-5

 

休みになるとどこかに行きたくてじっとしていられないのは恒例だけど、Red-throated Thrushが出ているというので気心が知れた仲間とおいしい魚を食べるついでに鳥見をしようと唆して札幌へ行ってきた。思えば、札幌に来るのはかなり久しぶりな気がする。鳥見で来たのはいつだったか、全く思い出せないくらい久しぶりだったが、ターゲットは行ったことがある真駒内公園にいた。かなりの長逗留をしているようで当初は街路樹に出ていたようだが、あまりの長逗留で地元バーダーも飽きてしまい、全国に情報が拡散されたらしい。おかげで私たちが札幌にやってきてホテルに宿泊し、美味しい海鮮を食べて北海道の経済に貢献することができる。地域にとっていいことづくめで、鳥が出ているのが公園内であることを考えると、多くの人が楽しめるいい環境だろう。

とはいえ、行くのを決めた1週間前の段階で餌となる木の実はかなり少なく見え、なかなかギリギリのタイミングになるのではないかと心配だった。公園に着くと、すでに多くのバーダーが1本の木に群がっているのが見えたので、ターゲットを確認せずとも鳥が出ているのを確信できた。人だかりのなかへ行ってみると、やはり木の実を夢中で食べるRed-throated Thrushがそこにいた。基本的にひと所にとどまって木の実を食べて、たまに枝から枝へと移る動きを繰り返していた。時に別の木へ移ると、そこをテリトリーにしているDusky Thrushに追い払われて大飛びするが、Thrush独特の声を発する場面を確認することはできなかった。その後も枝で木の実を食べたりまったりしたりを繰り返したが、何度か雪の上に降りて落下した木の実を食べたり、雪のない木の根元で何かを採餌している様子がうかがえた。

ターゲットは片付いたので、その後は周辺でのんびりしていると「ジュリジュリ」とLong-tailed Tit(A.c.caudatus)の声が聞こえてきたので周囲を見渡すと、気温が上がって木の幹から融け出した樹液を吸いに目線角度へ降りてきた。また、すぐ横ではEurasian Bullfinchの雌雄が登場。一見、つがいなのかと思ったが、よく見ると雄はP.p.griseiventris、雌はP.p.rosaceaのようで、このままつがいを形成するのか、それとも越冬期を一緒に過ごしているだけなのか興味深いが、当然ながら数か月先のことを知る由もない。ただ、北海道などの一部で繁殖地がオーバーラップしているという話もあるので、この2羽がつがいである可能性は否定できないような気がした。

その後はMarsh Titを見つつ、川沿いでCrested Kingfisherの雌雄を観察。雄は何度か餌取りをして楽しませてくれた。この日はほかにPine GrosbeakやWaxwing類も見られたそうだが、残念ながら個人的に観察することはできず、日が傾いてきたところで終了した。

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。