残念すぎる探鳥地。。。

 

先週末、スペシャルバード祭り行ってきました。まあ、ここ数年のルーティンなんですが、今年はチゴモズの場所に異変が。。。 なんと、午前中に別の鳥をやってから現場に入ると、30人くらいのバーダーが。。。 あ~、なんてこった。。。 確かに過去にはワイバードが営巣地にも関わらずツアー客を連れて来たことがあるそうですが、それでも昨年まではこんなにバーダーが訪れる場所ではありませんでした。

ひっそりとした場所だったのに、現場ではあろうことか道のど真ん中に車を停めてる人がいるなど、ちょっとしたカオス状態に。。。 そのうち地元住民とのトラブルは必至ですね。誰がこの情報をバラまいたのか? その人は地元住民のことを考えたのか? ちなみにほとんどが関東ナンバーでした。心当たりがある人は一度、考えてみるべきですね。絶対にバラまいてはいけない情報でした。あの場所に人が殺到したらどうなるか、自明でしょう。

数年前、私は懇意にしてもらってる地元のバーダーの方からチゴモズの営巣地を秘密裏に教えていただきました。当然、旧サイトでも一切、場所は明かしていません。もちろん、営巣が終わるまで写真や記事も掲載しませんでした。それが今やこの情報の拡散ぶり。残念でなりません。あの場所が営巣地であることを、もっとみなさんが重く受け止めてくれることを祈ります。

 

最後に情報の公開について言いたいことがあります。珍鳥だろうが何だろうが、基本的に情報は公開されるべきだと思います。ただし、撮影地が営巣地であったり人が殺到したら近隣に迷惑がかかる場所は公開すべきではないと思います。また、写真の公開に関しても誰も推測できない場所を除いて、営巣中は厳に慎むべきです。

今回はブッポウソウをパスしましたが、どうもブッポウソウの特別な営巣地の情報も拡散してしまったようです。情報が手に入った場合、流していいものとダメなものをしっかり分別してください。このまま何でもかんでも情報が流れれば、希少種の営巣放棄という最悪の事態が多数起こりかねません。それはみなさんが撮影したいと思う鳥の生息数を減らし、自らの首を絞める行為であることを理解すべきです。

 

しかし、チゴモズの情報を拡散した人に対しては、本当に腹立たしい限りです。もし、バーダーであるならば恥を知るべきですね!!!

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。