Reeves’s Pheasant(オナガキジ)@China 2018

 

今朝、中国から帰国しました。同行者たちは、今日から四川での後半戦に突入。一方の私は帰国早々に仕事。。。 しかも、後半戦の1発目に一番見たかったギンケイが。。。 来年、行くつもりだけど悔しいなあ。。。

で、今日紹介するのは、前半戦最大のターゲットだったオナガキジ。これで成り行きでしたが、世界のヤマドリ属5種を完全制覇できました~!

 

 

オナガキジ(Reeves’s Pheasant)

5種の写真完全制覇の順番はミカドキジ、ビルマカラヤマドリ、カラヤマドリ、ヤマドリ、そしてオナガキジ。このなかで一番見たかったのは、もちろんオナガキジでした。この尾羽の長さ、ハンパないです。特にディスプレイのために尾羽を持ち上げて振り回す瞬間は圧巻のひと言です。ちなみに3枚目の写真はオスの別個体、最後の写真はもちろんメスです。

どの種もまた見たいし、より良い写真にするために撮り直したいんですが、最優先種は台湾のミカドキジ。現在、ヤマドリ属5種のなかで最も見るのが難しい種になっています。チャンスが来たら行きたいなぁ。

 


 

28/Apr/2018 @Xinyang, Henan, China

One of my dream bird Reeves’s Pheasant! I completed 5 species of the genus Syrmaticus.

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。