ケリンチ遠かった~

 

1日出発、6日朝帰国でスマトラ島に行ってきました。羽田―ジャカルタ―パダン―ケリンチの往復で、乗り継ぎ時間も含めれば片道20時間強でした。1日は夜10時くらいにパダンまで飛んで、そこから陸路で深夜に8時間の移動。2~4日は現地で探鳥して、5日はケリンチ―パダン―ジャカルタの移動で終わり。ジャカルタからの深夜便で6日朝に羽田に帰ってきました。

しかし、遠かった~~~。それでいて鳥はあまりいなかった(苦笑) それでも行かなければいけない理由があったんですが。。。

 

ちなみにこんな場所!

たぶん、GPSはパダンかな。あそこから陸路で8~9時間行くと、2~3枚目のような場所です。富士山並みにきれいな山体のケリンチ山(標高3805m)を2日間登山しながら探鳥、もう1日はケリンチから2時間ほど行った先のタパンロードで探鳥しました。

 

宿の近くにはドリアンが売ってました。

初日の探鳥のあとに、久々にドリアンを食しました。。。 1個で十分だったのに、なぜかガイドに頼んだら3個も。。。 まあ、1個150円くらいと激安なんですけどね。1個はガイドらにあげて、残り2個をfpbirdさんと食しましたが、1個目が、、、うっ、うううっ、、、めちゃくちゃ熟してて強烈!!! 私はこれは食べられないと思い、2個目に手をつけたら、そちらはまあまあフレッシュでフルーティーな味。じゃあ1個目は?と聞かれたら、とろっとろの若干フルーティーな豚レバー炒めかな(笑)

ドリアンとアルコールはご法度なんですが、このあと、初日の探鳥成果を祝ってインドネシアのビール・アンカーで祝杯! ムスリムが多い地域なので、あらかじめガイドに中瓶10本を頼んでおきましたが、この日は1人1本ずつしか飲めませんでした。。。

 

ちなみのちなみにですが、ほぼ赤道直下のスマトラ島での探鳥は暑いと思われがちですが、登山以外では汗を全くかかなかったし、東京よりはるかに涼しかったです。まあ、赤道直下付近とはいえ、宿がある場所の標高が1700mというのもあったんですけどね。最高の避暑でした!

惜しむらくはスマトラトラとウンピョウに出会えなかったことかな(笑) ウンピョウの足跡らしいもの(ガイドいわく)はタパンロードで見たんですけどね。。。

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。