実家が避暑地

 

5日間ほど実家に帰ってました。始発に乗ろうと東京駅に行くと、なんと始発の「はやぶさ」はグランクラスまで満席。。。 少しでも東京で遊ぼうという欲張りな東北人が始発に大挙して乗るのだろうか??? 東北新幹線は基本1時間に1本しかないので、とても不便なんです。なんてこったと思いながら、立ち乗りでなら発券できるというので渋々購入したけど、ふと閃いた! そうだ、「こまち」は空いてないのか? 駅員に聞いてみると、これがビンゴ! 北海道・東北新幹線は盛岡で「はやぶさ」と秋田行きの「こまち」が切り離されます。つまり、「こまち」が空いていれば盛岡まで座って行くことができるんです。あまりこういうことをする人がいないようで駅員も提案してこなかったけど、こちらから提案したら快く変更してくれました! ラッキー!!!

実家には帰ってみたけれど、帰った当日は東京以上に暑くて気温は35・8度!!! 助手席に乗ってるだけだったのに左腕が真っ赤に日焼けしてしまいました。。。(驚) とはいえ、2日目以降の夜はひんやりしすぎて寒いほど。4~5日目は昼間も25度くらいで最高の避暑ができました。

一応、鳥見、、、というか〝鳥聞〟もしました(笑) 基本、実家では寝てるか温泉に入りにドライブしてるかでしたが、実家の2階で窓を全開にして寝てると、朝はカッコウやホトトギスが鳴き、そうなると当然、托卵相手のウグイスも鳴いてます。ほかは家の前の高い木にホオジロが来て鳴いたり、目の前の森の中からキビタキやオオルリの声が聞こえてきます。ということで、十分に〝鳥聞〟はしたな(笑) ほかは沢がある森に行くとミソサザイがけたたましく鳴き、何だか思い出せない鳥の声も聞こえてきます。

でも、撮影したのはアオゲラのつがいだけ(苦笑) 一応、実家の周りでかる~くフクロウ類を探したけど、何も成果なし。音も持って行かなかったし、声も聞こえなかったから時期的にも微妙でしたかね。2月の末くらいに帰ったときは、フクロウが鳴いてたんだけどなあ。。。 あとはトラツグミも期待したけど、全く声が聞こえませんでした。あの不思議な音の正体を知らなかった頃、夏になると本当に不気味に思ったものです。

まあ、とにかく親孝行の5日間でしたね。この歳になると、実家に帰ることが親孝行。浜田雅功と槇原敬之の「チキンライス」という名曲には、親孝行をしようと考えることが、すでに親孝行だという意味の歌詞があるけど、まさにその通り! ということで、前日遅くまで働いて始発で帰った私は、もちろん手ぶらで帰りました(笑)

しかし、仏沼くらいは行けばよかったかなあ。。。 貸してるバッテリーを返してもらう必要もあったし。。。(苦笑)

 

十数年ぶりに食べてみた! 最近、キー局の番組でたま~に紹介されるので、何となく気になって買ってみたけど、「ジャリジャリましまし」になってた! 味はまあ普通です(笑) たぶん、テレビでもみんなツッコんでると思うけど、マーガリンと砂糖を食パンでサンドしたものの、一体どこが「イギリストースト」なのかは永遠の疑問! そもそもトーストしてないんだけどね~!(苦笑)

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。