Blue Paradise Flycatcher(アオサンコウチョウ)@Philippines 2016

 

いよいよ明日ミンダナオに出発です。イスラム過激派も少なくなく治安はよくないですが、まあ、その辺はパラワンも同じ。パラワンよりは多そうだけど(苦笑) とりあえず、明日の夜便でマニラに飛んで、空港で3~4時間過ごしてミンダナオのダバオに早朝入ります。成田から10時間ほどでダバオに入れるので、思ってるより探鳥時間は取れるのが何よりうれしい! 今回のターゲットは、Azure-breasted Pitta(ソライロヤイロチョウ)のほか、危急種2種。今日紹介するのはその危急種の仲間で、日本で言えばサンコウチョウの仲間ですね。

 

 

アオサンコウチョウ(Blue Paradise Flycatcher)

和名、ちょっと直接的すぎやせんか!? 日本のサンコウチョウは繁殖期になるとオスの尾羽がなが~く伸びますが、このアオサンコウチョウは伸びません! でも、パラワン固有種なので、パラワンに行った際には絶対に撮影しなきゃいけない鳥なのです。このときはバードレース中だったので、あまり撮影に適した環境ではありませんでした。結構、撮影に苦労させられた鳥ですが、また撮り直しだなぁ。。。 あ、そうそう、Black-naped Monarch(クロエリヒタキ)にパッと見似てるけど、大きさやパターンとか全然違いますよ~。

 

ちなみにミンダナオで狙うサンコウチョウの仲間はCelestial Monarch(エボシフジイロヒタキ)。撮影して帰ってきたら、こちらで披露したいと思います。でも、今回の最大のターゲットがもう1種の危急種の方なんです。これがバッチリ撮影できたら、結構自慢できるかも(笑)

 


 

4/Nov/2016 @Palawan Island, Philippines

This is one of Palawan endemic bird. Why this bird was given the name of ‘Paradise Flycatcher’? Just in my opinion, the tale should be longer!

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。