すんごいニュースだ!

 

といっても、日本では大して報道されないと思うけど、フェルナンド・アロンソがアンドレッティ・オートスポーツと組んで今年の「インディー500」に参戦するというニュースをたった今、ネットで見てしまいました。現在、ホンダエンジンを乗せたマクラーレンでF1を走っているアロンソですが、ドライバーとしての実力世界一は間違いないのに、ホンダエンジンがボロカスすぎて残念な結果が続いています。それも2年以上にわたって。。。 モナコGPを欠場してまで「インディー500」に参戦するということは、それだけF1のホンダエンジンに失望しているということでしょう。

F1のホンダエンジンのボロカスぶりには不満は腐るほどありますが、それを置いといて、とにかく今年、アロンソが「インディー500」に出るというのは衝撃的ニュース! わかりやすく言うなら、日ハムの大谷翔平が、1試合限定でメジャーリーグのワールドシリーズのマウンドに立つようなものです。

モータースポーツには世界3大レースと呼ばれる重要なレースがあり、「インディー500」はF1の「モナコGP」、耐久レースの「ル・マン」と並び称されています。しかも、アンドレッティと組んで出るということは、佐藤琢磨とチームメイトということ。2人そろってF1を走っていた時代はF1黄金期の最終盤だっただけに、当時、毎レース食い入るように見ていた身としては、何だか胸熱な気分です。

正直、F1もル・マンもインディー500もなかなかテレビで見る機会はなくなりましたが、それでもアロンソが出るなら、ダイジェストでもいいから見ようかな~。2012年には佐藤琢磨が最終ラップを2位で迎え、優勝を目指すべくトップを走る車に果敢にアタック。勝てばアメリカモータースポーツ界の魂と言えるインディー500で日本人初優勝を果たすところでしたが、アタックに失敗してスピンを喫し、さらにクラッシュしてリタイアという結果に終わっています。いや~、これは文章では伝わらない悔しい出来事でした。佐藤琢磨はF1時代から果敢に攻めることで有名で、時に無謀なアタックでクラッシュすることも多く批判されてきましたが、そりゃ誰だって目の前にインディー500の優勝が見えたら突っ込むだろうって話。まあ、ほとんどの人には伝わらないか。。。

仕事をサボってちょっと熱くなってしまいましたが、アロンソがインディーで佐藤琢磨と同じチームで走るのは本当に胸熱な出来事。レースの地上波放送はないようなので、もしかしたらレースレポートしか見られないかもしれませんが、それでも本当にうれしいニュースが飛び込んできたものです! まあ、2人に優勝のチャンスがあったら、琢磨を応援するけどな(笑)

 

click show sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。