HOME

 

Welcome to HIRO PHOTO

This is the personal bird photography page administered by HIRO. I will upload field notes and trip report in Japanese but I am welcome to be asked about it in English. For English speaker, I put on a short English introduction and some informations on bottom. Especially I can give you a big help for bird trip in Japan. Please feel free to ask by Email.

Email : hirophoto@hiro-photo.jp

 

 

HIRO PHOTOへようこそ。

バードウォッチングは欧州の上流階級の嗜みとして発展し、その後、世界に広がっていきました。かつては英国のチャーチル首相と米国のF.ルーズベルト大統領が庭を歩きながら、会談中に鳥の声を聞いて種名を当て合ったという逸話もあるほどです。当時から欧米では観察がメインで、現在でも観察が主流で多くの人に親しまれています。一方、日本を含むアジアでは写真撮影がメイン。特に中国と台湾での人気は日本をはるかに凌ぐ状況です。

バードウォッチングはコレクター性の高い趣味で、日本で記録のある鳥は軽く600種以上のうち何種を見たかカウントして、「ポケモン集め」のように楽しむことができます。カメラを用いての撮影はコレクター性の高さと相まって、メカ好きな子供たちの興味を大いに引くことも可能でしょう。一方でバードウォッチングは知的な趣味でもあり、種の識別が難しい鳥をじっくり観察して考察したり、生態を知ることで自らの知識を高めることもできます。また、鳥は環境指標のひとつにもなっており、鳥の観察を通して自然環境の変化を身近に感じることも可能なはずです。

バードウォッチングでは必然的にマナーの問題などが出てきますが、まずはこのページを訪れたみなさんが鳥に興味を持ってくださるのを期待してサイトの更新をしていきたいと思います。

 

Click Show Sidebar

画像をクリックするかスクロールさせれば元に戻ります。